開花予測

開花予測

カレンダー 02月15日現在

No. 植物名 写真 説明
A マンサク A 満作
マンサク科
他の花に先駆けまず咲くから、とか、花が沢山ついて豊年満作だから。
葉に先立って開花し、黄色く細長い花びらは踊るように見える。
繊維が丈夫なところから、別名「ネソ(捻苧:"ねじる"と"繊維"の意)」と呼ばれ、
刈った木や筏の丸太を縛る際にこの枝が用いられた。
B ウメ B
バラ科
中国の江南地方を原産とする落葉小高木。
お花見をする習慣はサクラより古く、奈良時代以前に花といえばウメのことだった。
実が熟すのは6月で、その頃に降る雨を梅雨という。
花の色は、白、赤、ピンク、それらの混ざったものと、色々あるが、
白色で香りが良いものが最高と言われる。
ひと晩に咲かせてみむと、梅の鉢を火に焙りしが、咲かざりしかな。   啄木
C ヤブツバキ C 藪椿
ツバキ科
日本固有の常緑樹。
山の照葉樹林の中の代表的な樹種。林の中で赤い花が目を引く。
万葉集のころから知られるが、近世に入り茶花として愛好される。
葉の表面には「クチクラ」と呼ぶワックス層があり、寒さや乾燥から身を守っている。
巨勢山(こせやま)の つらつら椿 つらつらに みつつ(しの)はな 巨勢(こせ)の春野を」 万葉集 坂門人足(さかとのひとたり)

開花マップ