開花予測

開花予測

カレンダー 11月18日現在

No. 植物名 写真 説明
A ヒイラギ A
モクセイ科
山地で見られる常緑小高木。
若い木の葉には先が鋭い刺があり、成木の葉は全縁になる。
11月頃に芳香のある白花を咲かせる。
棘に魔除けの効果があるとされ、
節分にはイワシの頭とともに戸口に飾られる。
こほろぎは はかなき虫か 柊のはなが散りても驚きぬべし   長塚節
B ツワブキ B 石蕗
キク科
蕗とつくがフキの仲間ではない。
ツヤのあるフキがツワブキになったと言われる。
九州の「キャラブキ」はツワブキの葉で作られる。
いくたびか 時雨(しぐれ)のあめの かかりたる
     石蕗の花も つひに終はりぬ   斎藤茂吉
C アツバキミガヨラン C 厚葉君が代蘭
リュウゼツラン科
キミガヨランと比べて、背が低く葉が厚く硬い。
開花期は春と秋の二回で、春咲く花は白、
秋咲く花は淡紅色を帯びている。
原産地は北米で、砂漠地帯に見られる。
日本へは明治中期に渡来。

開花マップ