開花予測

開花予測

カレンダー 8月12日現在

No. 植物名 写真 説明
A ツユクサ A 露草
ツユクサ科
北海道~琉球の、やや湿り気のあるところに生える。
花びらは3枚で、内2枚が紫で大きく、もう1枚は白くて小さい。
雄しべ6本のうち長い2本のみ花粉を出す。
古くから生薬や染め物に使われている。
月草に 衣は()らむ 朝露に
 濡れての(のち)は 移ろひぬとも   万葉集
B スイレン B 睡蓮
スイレン科
アフリカや東南アジア原産の多年草。
日本に自生する睡蓮は「ヒツジグサ」の1種類のみ。
昼は水面に浮いて開き、日が落ちると眠るように閉じることで睡蓮の字が当てらた。
また、翌朝再び浮かんで開くことから再生の象徴ともされたそう。
エジプトでは「ナイルの花嫁」と呼ばれ、国花になっている。
C キキョウ C 桔梗
キキョウ科
日本、中国、東アジア原産の宿根草。
古くから歌に読まれ、また家紋に使われたりと、日本人に好まれている花。
万葉集で秋の七草として歌われている「朝貌の花」は本種と言われる。
江戸時代、様々に品種改良されたが、古来のキキョウは個体数が減少し、
絶滅危惧種に指定されている。

開花マップ